ポスシステムを導入するメリットとは

subpage01

様々な業界において「ポスシステム」を導入することにはメリットがあります。



そもそもポスシステムとは、「すべての販売情報や在庫情報を集中的に関することが出来るシステム」のことを言います。分かりやすい例で言えば、コンビニのレジは全てポスシステムが採用されています。


コンビニでは、「いつ、何が、何個、どのような顧客に売れたのか」というデータを全て集計しています。

満足度の高い東京の鉄板焼き情報を厳選して紹介します。

すでに知っている人も多いでしょうが、コンビニでは販売ごとに顧客の様々な情報を登録しています。

年代・性別は見た目で判断してデータを打ち込まれるわけですが、単にバーコードをスキャンしてレジで精算ボタンを押すだけで何が何個、いつ売れたのかと言うことがデータとして集積されていきます。

この情報を元に、自店ではどのような商品が人気なのか、どの時間帯にどれだけ売れるのかというデータを作成することが出来るので、後はこのデータを参考にして在庫管理をしていけば商品ロスを減らすことが出来ると言う訳です。

これはコンビニだから有効な方法であると言う訳では無く、小売業・飲食業・販売業など様々な業種においても同様の効果が期待できます。

日本経済新聞情報に関する耳より情報を公開しています。

受動的な販売管理・マーケティングをすることは非常に難しいのですが、能動的にコストを掛けて行っても十分なコストパフォーマンスを発揮できるかどうかは分かりません。

しかし、ポスシステムを導入することによって、それらのデータを確実かつ簡単に収集できるようになります。


関連リンク

subpage02














飲食店がPOSシステムを導入するメリットとは

大手の飲食チェーンなどを始めとして、飲食店の多くには「POSシステム」が導入されています。POSシステムがどういうものかについてはここでは触れませんが、それほど多くの飲食店がPOSシステムを導入していることには当然理由があります。...

NEXT
subpage03














飲食店がPOSシステムを導入するデメリットを知ろう

飲食店は、POSシステムを導入することで非常に効率的なマネジメントを行うことが出来る様になります。システムを導入していなければそれが出来ないと言う訳ではありませんが、当日および一定期間の売り上げデータを全て人的に集計していくことは非常に大変なことで、人件費が大きくなってしまいやすい要因です。...

NEXT